クロミッドの効果を知る

子供を早く持ちたいと考えていても、その機会がなかなか得られないと悩んでいる夫婦も少なくないものです。
そして、子供を得るためには、まずはなぜ子供が得られないのかの原因を知っておく必要もあります。
男性、女性どちらかの健康に問題がある場合もありますし、あるいはどちらにも何らかの問題がある場合もあるものです。
原因を調べるためには医療機関の検査や診察を受ける必要がありますが、この場合もどちらかだけではなく、二人で受けるようにし、原因を調べていきましょう。
女性の側に問題がある場合は排卵がうまくいかないことがあげられます。
妊娠しやすいタイミングをつかむためにはやはり排卵日のチェックは欠かすことができません。
基礎体温をつけたり、排卵検査薬などを利用して確認する方法がありますが、排卵が順調でない場合はそれだけ妊娠する機会が少なくなってしまうことにつながります。
それゆえに排卵を正常にすることも考えていかなくてはいけませんが、そうした悩みには排卵誘発剤が役立ってくれます。
これはその名前の通り、排卵を誘発してくれる薬です。
排卵誘発剤にも色々な種類がありますが、クロミッドは代表的な薬のひとつです。
排卵には性腺刺激ホルモンが必要ですがそのホルモンが少ないとやはり排卵はおきづらくなってしまいます。
クロミッドは性腺刺激ホルモンを増やすのに役立つ薬で服用することで性腺刺激ホルモンが分泌しやすくなり、その結果卵胞の成熟が促進され、排卵が起こりやすくなり、妊娠しやすい体に導いてくれる薬です。
この薬は女性に利用されるのはもちろん、男性ホルモンの分泌の促進にも役立ちますので、男性不妊症の治療にも利用されることがあります。
副作用が少ないこと、さらに費用の負担も少ないこともあり不妊治療薬としてよく使われている薬です。
良い効果を得るためには正しい服用をすることが大切ですので、医師の指導はしっかりと守りましょう。
一般的には生理開始日の5日目から飲み始め、1日1錠を5日間続けていきます。
服用終了後は1週間から2週間ほどで排卵が起こるとされています。
排卵がわかるよう、基礎体温は必ずつけるようにしましょう。
排卵が見られなかった場合は、次回は薬を2錠に増やすこともありますが、こちらも医師の指導に従い服用します。
注意事項としては、こうした薬を使うことで双子になる可能性が高まることがあげられますし、子宮筋腫や乳がん、乳腺症などがある場合は利用できないこともありますので健康に不安がある場合は医師によく相談しましょう。