排卵誘発剤で出産の可能性を広げる

様々な要因が重なり不妊症になってしまう人や、もともとそのような体質の人、もしくは、相方に問題がある可能もあり中々妊娠ができない人も多くいます。
そこで、妊娠し出産までできる可能性が期待できる一つの方法がタイミング方法です。
より自然な形で妊娠したい場合などにはタイミング方もあり、おりものや生理周期など色々な条件を照らし合わせ、タイミングがあった段階で夫婦の営みを行ってもらうことにより、妊娠率を上げる方法ですが排卵の状態があまりよくない場合には排卵誘発剤を併用する場合もあります。
更に効果が期待できるのが、体外受精です。
体外受精は、外で精子と卵子を結びつけ分裂が始まった段階で子宮内に入れます。
目的はあくまで、妊娠ではなく赤ちゃんを出産することです。
加齢に伴い妊娠率が低下するように、体外受精でも年齢による低下はみられます。
そのため、よく2人で話し合ってなるべく早くの段階で始めることをオススメします。
次にAIHつまり人工授精ですが、体外受精と違い人の手によって精子を子宮内に入れてあげる方法です。
排卵日に中々受精できない、精子に不妊の原因があるかもしれない場合に使用します。
人工という言葉が少し壁を感じますが、精子を子宮内まで運ぶお手伝いをすることなので、以外と自然な形だと思います。
その他にも、ギフト法という方法もあり、精子と卵を一緒にし直ぐに卵管内に戻すやり方です。
妊娠率も高く、積極的に取り組んでる医院もあります。
このように、不妊症と日々悩んでいる人は数多くおりますが、やはり夫婦でよく話し合いながらお互いを支えあい、進めて行くことが今よりも素敵な生活への道しるべだと思います。